上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TTCでアスレチックトレーナーとしてご活躍されていた安見拓也氏がお亡くなりになりました。

先週の金曜日連絡を受けたとき、あまりにも突然の訃報に、まったく信じられず、ただただ驚くばかりでした。
今もTTCで、ジュニアと一緒にフィットネスをしているのではないかと思うほど、常に元気で明るく、選手たちの体と心のケアをしてくださっている姿しか思い浮かびません。


安見さんの15年というTTCでの時間のなかで、自分は2年4ヶ月という短い期間しか一緒に活動することはできませんでしたが、その中で先輩のこれまでの活動や、選手としてのあり方など、体のケアだけでなくさまざまなことを教えていただきました。
僕が名古屋行きを決めたときも、心から応援してくれ、4年後を期待してくださいました。

現場にこだわり、どんなときも選手のケアに真摯に向き合ってこられた安見さん...
4年後、応援してくださったあなたの気持ちに応えられるような活躍をするために、今後も一所懸命車いすテニスに精進していきます。
今まで本当にありがとうございました!!


心よりご冥福をお祈りいたします。


三木 拓也





スポンサーサイト

【2013/02/11 21:29】 | プライベート
トラックバック(0) |

突然失礼致します
むら
ブログを書いている方には全く面識がないなかでのコメントをお許し下さい。私は安見拓也さんの大学時代の同級生です。ネットというものに一抹の不安を感じる古い人間ではありますが、故人についての温かいコメントを見ると有り難く思います。故人にとって私は重要な存在とは言えないと思いますが私にとっては故人はヒーローでした。何で死んだんだという身勝手な感傷を抑え切れません。世の中にはよくあることと言えばそれまでですが、それでもどう言い表せば良いか解らない気持ちのはけ口にコメントしてしまいました。冥福を祈るのが正しいのでしょうか?ご遺族の今後を案じるのが正しいのでしょうか?今はただ悔やまれるばかりです。故人と同級ですので、いい年 をしてと思われる部分もあるでしょうが、何分お許し下さい。

Re: 突然失礼致します
三木 拓也
むら さん
はじめまして。
安見さんとは、たった2年半というお付き合いでしたし、大学時代の彼については知る由もありませんが、コメントせずにはいられない気持ちを抱かせる大学時代の安見さんは、やはり僕の知る安見さんだと思います。
それほどまでに彼は、人のために自分の時間を割いてくれた人でした。
僕が知るだけでも、ほんとうに多くの人が彼を頼り、彼のおかげで健康に活動することができました。

命を時間とするなら、彼ほど自分の命を人のために使った人はいないのではないかと思うほどです。
ほんとうに悔しい気持ちでいっぱいですが、少しでも安見さんに命を頂いた一人として、しっかりと生きていきたいと思います。

三木

悲しい
板越千春
本当に突然で悲しい出来事でした。私は金曜のレッスンの後3時過ぎに安見さんにお会いしただけに信じられないことでした。
お通夜では涙を流しながらも大勢の弔問客一人一人に頭を下げる奥様の姿を見て、すごくしっかりして立派だと思いました。
三木くんには安見さんの思いを胸に頑張って欲しいです。


Re: 悲しい
三木 拓也
板越さん
本間さんのブログでケアルーム扉の写真を見たとき、はじめて涙がでました。
扉の先にいる安見さんの笑顔があまりにも鮮明に思い出されて、もう会えないという現実が見えた気がしました。
Youtubeのロンドン決勝をみれば、国枝さんとがっちりと握手を交わす、安見さんがいます、、、
代表集合写真の安見さんも、とても元気そうです。
16年のリオで一緒に闘いたかった。

柏での安見さんとの時間を忘れず、毎年成長してTTCに行けるよう、頑張ります。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
突然失礼致します
ブログを書いている方には全く面識がないなかでのコメントをお許し下さい。私は安見拓也さんの大学時代の同級生です。ネットというものに一抹の不安を感じる古い人間ではありますが、故人についての温かいコメントを見ると有り難く思います。故人にとって私は重要な存在とは言えないと思いますが私にとっては故人はヒーローでした。何で死んだんだという身勝手な感傷を抑え切れません。世の中にはよくあることと言えばそれまでですが、それでもどう言い表せば良いか解らない気持ちのはけ口にコメントしてしまいました。冥福を祈るのが正しいのでしょうか?ご遺族の今後を案じるのが正しいのでしょうか?今はただ悔やまれるばかりです。故人と同級ですので、いい年 をしてと思われる部分もあるでしょうが、何分お許し下さい。
2013/02/13(Wed) 00:00 | URL  | むら #834Ul4QE[ 編集]
Re: 突然失礼致します
むら さん
はじめまして。
安見さんとは、たった2年半というお付き合いでしたし、大学時代の彼については知る由もありませんが、コメントせずにはいられない気持ちを抱かせる大学時代の安見さんは、やはり僕の知る安見さんだと思います。
それほどまでに彼は、人のために自分の時間を割いてくれた人でした。
僕が知るだけでも、ほんとうに多くの人が彼を頼り、彼のおかげで健康に活動することができました。

命を時間とするなら、彼ほど自分の命を人のために使った人はいないのではないかと思うほどです。
ほんとうに悔しい気持ちでいっぱいですが、少しでも安見さんに命を頂いた一人として、しっかりと生きていきたいと思います。

三木
2013/02/17(Sun) 22:47 | URL  | 三木 拓也 #-[ 編集]
悲しい
本当に突然で悲しい出来事でした。私は金曜のレッスンの後3時過ぎに安見さんにお会いしただけに信じられないことでした。
お通夜では涙を流しながらも大勢の弔問客一人一人に頭を下げる奥様の姿を見て、すごくしっかりして立派だと思いました。
三木くんには安見さんの思いを胸に頑張って欲しいです。
2013/02/24(Sun) 09:43 | URL  | 板越千春 #YcIoTQ9c[ 編集]
Re: 悲しい
板越さん
本間さんのブログでケアルーム扉の写真を見たとき、はじめて涙がでました。
扉の先にいる安見さんの笑顔があまりにも鮮明に思い出されて、もう会えないという現実が見えた気がしました。
Youtubeのロンドン決勝をみれば、国枝さんとがっちりと握手を交わす、安見さんがいます、、、
代表集合写真の安見さんも、とても元気そうです。
16年のリオで一緒に闘いたかった。

柏での安見さんとの時間を忘れず、毎年成長してTTCに行けるよう、頑張ります。
2013/02/25(Mon) 11:52 | URL  | 三木 拓也 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。